チャレンジャー(CHALLENGER)の車検費用

アメリカのクライスラーが1970年より生産・販売している自動車。 開発にあたって同社が販売していたプリスム・バラクーダのEボディをベースとなっており、ホイールベースの延長、外装の軽板化など大胆な変更がされています。結果、全体的に肥大化したボディとなり、加速度に高い評価が集中したのに対し、小回りがきかなくなるなど適度な運転技術が必要とされています。しかし、タービン・エンジンの搭載を想定したうえで考案されたアメリカン風のグリル・デザインが脚光を浴び、大衆から多大な人気を博した結果、販売されたその年で8万台、5年間で16万5千台が販売されています。 また、40年経った現在では第1世代に代わって第3世代のチャレンジャー(CHALLENGER)が2008年より販売され、差異はあるものの、第1世代を彷彿させるデザインとなっています。 なお、チャレンジャー(CHALLENGER)の車検費用は変動しますので、お気軽にお問い合わせください。

チャレンジャー(CHALLENGER)の車検費用の詳細

車検費用総額予想 ( 法定費用 + 検査手数料 )
73,770
※重量税は新車登録から13年未満にて全車算出していますので、該当しない年式の場合は下記より変更して車検費用を算出して下さい。
※交換部品や修理箇所がある場合、金額が変わります。
※預かり車検の場合に、代行料が発生することがあります。

合計

法定費用 GTNET費用 消費税 合計(税込)
重量税 自賠責 印紙代 代行料 点検費用 コーティング費用


車齢

  • 13年未満の車両
  • 13年経過~18年未満の車両
  • 18年経過の車両

重量税

  • 通常
  • エコカー
  • 免税
  • 75%減
  • 50%減

点検費用

スタンダードプラン
  • 100点検の項目 = 法定24ヶ月点検 + 28項目
プレミアムプラン
  • 130点検の項目 = 法定24ヶ月点検 + 58項目
  • ・エンジンオイル・ミッションオイル(ATの場合は交換致しません)・デフオイル・冷却水・ブレーキフルード・パワステフルード




チャレンジャー(CHALLENGER)の車検費用 Topへ