ユーノスロードスター(EUNOS ROADSTER)の車検費用

ユーノスロードスター(EUNOS ROADSTER)は、マツダ自動車が1989年から1998年まで発売していた、ライトウェイトのオープンカーです。1998年にはフルモデルチェンジにてマツダロードスターと名称が改められています。 この車は、イギリスのライトウェイとスポーツをお手本に開発され、日本車では初となるオープン専用ボディーにソフトトップのルーフを持つ、2シーター、FRレイアウトが採用されていました。排気量は1600cc(後にマイナーチェンジで1800ccとなる)と大きくはありませんが、1トンをきる車重に低い全高で、軽快感のあるスポーティーな乗り味で人気を集めました。また当時スポーツカーの証のひとつとも言われる「リトラクタブルヘッドランプ」が採用されていたことも特徴的でした。 ユーノスロードスター自体は、販売完了からすでに15年以上が経過していますので、整備箇所が増える傾向があります。ソフトトップに関しては雨漏りや後方視界の妨げになることもあり、交換が必要なケースが出てきます。 具体的な車検費用については、車体の状態により変動しますので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

ユーノスロードスター(EUNOS ROADSTER)の車検費用の詳細

車検費用総額予想 ( 法定費用 + 検査手数料 )
53,590
※重量税は新車登録から13年未満にて全車算出していますので、該当しない年式の場合は下記より変更して車検費用を算出して下さい。
※交換部品や修理箇所がある場合、金額が変わります。
※預かり車検の場合に、代行料が発生することがあります。

合計

法定費用 GTNET費用 消費税 合計(税込)
重量税 自賠責 印紙代 代行料 点検費用 コーティング費用


車齢

  • 13年未満の車両
  • 13年経過~18年未満の車両
  • 18年経過の車両

重量税

  • 通常
  • エコカー
  • 免税
  • 75%減
  • 50%減

点検費用

スタンダードプラン
  • 100点検の項目 = 法定24ヶ月点検 + 28項目
プレミアムプラン
  • 130点検の項目 = 法定24ヶ月点検 + 58項目
  • ・エンジンオイル・ミッションオイル(ATの場合は交換致しません)・デフオイル・冷却水・ブレーキフルード・パワステフルード




GTNET車検について    お客様アンケート一覧を見る>>

ユーノスロードスター(EUNOS ROADSTER)の車検費用 Topへ