セドリック(CEDRIC)の車検費用

それまでライセンス生産をしていたメーカーの中型乗用車に変わり、純国産で開発生産されたのがセドリック(CEDRIC)です。1960年の初代から、10代目の2004年に製造を終えるまで、メーカーを代表する乗用車として販売されていました。 シリーズを通して武骨さをアピールするデザインが施され、若者から老人まで多くの男性ユーザーの支持を得ました。直列6気筒やエアーサスペンションの導入やトロイダル式オートマミッションの採用など、メーカーを代表する技術と先進性をアピールし続けて来ました。現在は、商用モデルが販売されるのみと成りしたが、現在でも多くのユーザーに親しまれており、街で元気な姿を目にする事も少なくありません。販売終了後、10年程度の時が経ちましたが、販売台数が豊富だったため、メンテナンスなどには心配の無い環境に在ります。街の修理工場でも対応が可能な事も魅力ですが、部品在庫や車検費用などは、事前に確認する事を、お勧めします。

セドリック(CEDRIC)の車検費用の詳細

車検費用総額予想 ( 法定費用 + 検査手数料 )
73,770
※重量税は新車登録から13年未満にて全車算出していますので、該当しない年式の場合は下記より変更して車検費用を算出して下さい。
※交換部品や修理箇所がある場合、金額が変わります。
※預かり車検の場合に、代行料が発生することがあります。

合計

法定費用 GTNET費用 消費税 合計(税込)
重量税 自賠責 印紙代 代行料 点検費用 コーティング費用


車齢

  • 13年未満の車両
  • 13年経過~18年未満の車両
  • 18年経過の車両

重量税

  • 通常
  • エコカー
  • 免税
  • 75%減
  • 50%減

点検費用

スタンダードプラン
  • 100点検の項目 = 法定24ヶ月点検 + 28項目
プレミアムプラン
  • 130点検の項目 = 法定24ヶ月点検 + 58項目
  • ・エンジンオイル・ミッションオイル(ATの場合は交換致しません)・デフオイル・冷却水・ブレーキフルード・パワステフルード




セドリック(CEDRIC)の車検費用 Topへ