プレジデント(PRESIDENT)の車検費用

日産自動車が生産・販売されていた高級セダン。1965年に初代のモデルが販売されから2010年の生産終了となるまで三世代まで開発され、高級感を漂わせるシックなデザインから、45年間に渡って法人・要人向けの最上級車として認知されてきました。 初代モデルの販売時より主にハイヤー向けの大型自動車であるため、世代によって種類が異なりますが、エンジンは大型な物が搭載されています。しかし、世代に渡って燃費が改善されるようになり、第三世代のプレジデント(PRESIDENT)にいたっては、平成17年度基準で排出ガス50%低減レベルの認定を受けています。 国内外の法人や要人による利用が前提であることから、後部座席を中止に遮音材・吸音材が使用され、他の車種と比較して高い静寂性が実現しています。また、利便性の向上をはかることを目的に、後席VIPバックとしてリラックスシートやテーブル、後席モニターやDVDプレーヤーが設置されています。 なお、プレジデント(PRESIDENT)の車検費用は変動しますので、お気軽にお問い合わせください。

プレジデント(PRESIDENT)の車検費用の詳細

車検費用総額予想 ( 法定費用 + 検査手数料 )
73,770
※重量税は新車登録から13年未満にて全車算出していますので、該当しない年式の場合は下記より変更して車検費用を算出して下さい。
※交換部品や修理箇所がある場合、金額が変わります。
※預かり車検の場合に、代行料が発生することがあります。

合計

法定費用 GTNET費用 消費税 合計(税込)
重量税 自賠責 印紙代 代行料 点検費用 コーティング費用


車齢

  • 13年未満の車両
  • 13年経過~18年未満の車両
  • 18年経過の車両

重量税

  • 通常
  • エコカー
  • 免税
  • 75%減
  • 50%減

点検費用

スタンダードプラン
  • 100点検の項目 = 法定24ヶ月点検 + 28項目
プレミアムプラン
  • 130点検の項目 = 法定24ヶ月点検 + 58項目
  • ・エンジンオイル・ミッションオイル(ATの場合は交換致しません)・デフオイル・冷却水・ブレーキフルード・パワステフルード




プレジデント(PRESIDENT)の車検費用 Topへ