カローラトレノ(COROLLA TRUENO)の車検費用

1972年にカローラの姉妹車の高性能バージョンとして誕生したのがカローラトレノ(COROLLA TRUENO)です。 一度排ガス規制の為、生産終了の憂き目にあうも、排ガス規制対応に成功し2年後に生産は再開されました。初代で評判になった運動性能は、度重なる規制の前に打ち砕かれ、スポーツモデルとしての評価は失われて行きます。6代目に行われたフルモデルチェンジで、今でも愛好者のいるAE86が誕生します。取り戻された軽快な運動性能は、多くの若者の心をつかみました。しかし7代目には、FF駆動へ移行します。この7代目は、トレノ試乗最高の販売台数を記録する事になります。扱いやすさとスーパーチャージャーが齎す力強さが両立しており、多方面から高評価を受けました。一貫してコンパクトクーペスタイルを貫いてきたカローラトレノ(COROLLA TRUENO)も2000年で生産を終了しトレノの名は消滅しました。年代的には、かなり古い車両も多くなる為、整備や車検費用が気なる方は、事前に問い合わせてみる事を、お勧めします。

カローラトレノ(COROLLA TRUENO)の車検費用の詳細

車検費用総額予想 ( 法定費用 + 検査手数料 )
53,590
※重量税は新車登録から13年未満にて全車算出していますので、該当しない年式の場合は下記より変更して車検費用を算出して下さい。
※交換部品や修理箇所がある場合、金額が変わります。
※預かり車検の場合に、代行料が発生することがあります。

合計

法定費用 GTNET費用 消費税 合計(税込)
重量税 自賠責 印紙代 代行料 点検費用 コーティング費用


車齢

  • 13年未満の車両
  • 13年経過~18年未満の車両
  • 18年経過の車両

重量税

  • 通常
  • エコカー
  • 免税
  • 75%減
  • 50%減

点検費用

スタンダードプラン
  • 100点検の項目 = 法定24ヶ月点検 + 28項目
プレミアムプラン
  • 130点検の項目 = 法定24ヶ月点検 + 58項目
  • ・エンジンオイル・ミッションオイル(ATの場合は交換致しません)・デフオイル・冷却水・ブレーキフルード・パワステフルード




カローラトレノ(COROLLA TRUENO)の車検費用 Topへ